プロフィール

yuki-keisuke

Author:yuki-keisuke

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

publicity

ゆき と 圭介 の映画大好き!
ゆきと圭介がお送りする、笑いと涙の映画紹介。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タイムライン
映画のタイトル: タイムライン
ジャンル: SF、中世

ゆき この映画、テンポが軽快で、どんどん引き込まれて
    いくわ。

圭介 無事に過去から帰えれるかハラハラさせられたよ。

ゆき 最後の結末も面白かったわね。
    シナリオがちゃんと考えられてると思ったのが、
    イギリス軍の捕虜になって脱走するとき、他の映画
    なら見張りをためらいもなくやっつけるところを、
    「いざとなったら人を殺せる覚悟があるか?」って。
    現代の一般人が簡単に人を殴ったり殺したり
    できるわけないものね。

圭介 そうそう、細かいところまでつじつまが合わせて
    あって、観ててしらけることがなかったなぁ。

ゆき ところで、もしタイムマシンがあったらどの時代に
    行きたい?

圭介 うーん、子供の頃かな。

ゆき えっ、なんで?

圭介 子供の頃に行って、お爺さんの花瓶を割って怒られた
    こととか、隣の塀を壊して怒られた事とか、
    いろいろくい止めるかな。

ゆき なんて夢がない人なの。
    古代に行ってピラミッドを造っているのを見たいとか、
    未来に行って世界がどうなってるか見たいとかないの?

圭介 やー、人生やり直したい。

ゆき じゃー私が代わりにあなたの子供時代に行って、
    根性をたたき直してあげようかしら。

圭介 ひえー! それだけは勘弁してー!


圭介のオススメ度 ★★★★★
 最後までハラハラさせられて飽きなかった。

ゆきのオススメ度 ★★★★★
 テンポが良くストーリーもしっかり出来ていて楽しめるわ。

ストーリー ★★★★★
アクション ★★★★☆
ロマンス  ★★★☆☆
SF    ★★★★☆
あと味   ★★★★★

ストーリー:
考古学の大学教授ジョンストン率いるマレク達のチームは、フランスのカステルガールで遺跡の発掘をしていた。ジョンストン教授がスポンサーの所へ出張している間、発掘現場では新たな発見があった。しかしその遺跡から出てきた遺物の中に、なぜかジュンストン教授のメガネと「助けて」というメッセージがあった。炭素年代測定でもそれは600年前のものに間違いはなかった。謎の究明と行方不明のジョンストン教授を探しに、スポンサーを訪れたマレク達は意外な事実を聞かされる。実は、教授は実験中の物質転送機でワームホールにより過去のカステルガールにタイムトラベルしたが、トラブルで戻って来れなくなってしまったというのだ。そこでマレク達は教授を探しに600年前の戦争中のカステルガールに行くことになった。

監督:マイケル・クライトン, リチャード・ドナー
出演:ポール・ウォーカー, フランシス・オコナー


DVDの紹介(アマゾンコム)


 
スポンサーサイト

テーマ:DVDで見た映画 - ジャンル:映画

宇宙戦争(2005)
映画のタイトル: 宇宙戦争(2005)
ジャンル: SF、ホラー

今回はちょっとネタバレですm(__)m


圭介 H.G.ウェルズ原作で、1953年の「宇宙戦争」
    のリメイク版だね。

ゆき 昔のは隕石の中から宇宙船が現れたけど、
    今回のは何万年も前から地中に埋めてあった
    ウォーカーマシンに、宇宙船でやってきた宇宙人が
    乗り込んだという設定ね。

圭介 えっ?昔のを映画館で見たの?

ゆき バキッ!
    私がそんな年に見える?
    ビデオで観たのに決まってるでしょ。

圭介 イタタ。 冗談だから・・・

ゆき でも、今回のはなんかちょっと無理があるわよね。

圭介 ・・・なんで?

ゆき だって、もしそんなものが埋まってたら
    地下鉄工事なんかで見つかってしまいそうじゃない?

圭介 うーん・・・。
    きっと、それで見つかりそうになったから
    侵略して来たっていうのはどう?

ゆき まあねー。
    でもやっぱり私は昔の「宇宙戦争」の方がいいかなー。

圭介 そう?

ゆき 今回のはホラー性が強いし、昔のは、
    原爆で攻撃してもダメだった宇宙人から
    主人公たちが逃げて、逃げ込んだ教会を攻撃されて、
    もうこれまでかと思った瞬間、
    神が創った生物=ウィルスや菌、によって
    宇宙人が全滅してしまったのよね。
    神様が救ってくれた、って感じね。

圭介 ゆきちゃん、神秘的なのとか神様が出でくる
    映画すきだもんねー。
    僕は今回のはちょっと怖かったけど、
    スリルと迫力がすごくて、これはこれでよかったよ。
    それにしても最近宇宙人が攻めてくる映画が
    多くなったよね。

ゆき そうかしら?

圭介 宇宙人が本当に攻めてきそうだという情報があって、
    こういう映画を作って警告しているというウワサ
    もあるでしょ?

ゆき あなた、それは何かの見過ぎよ。

圭介 でも本当に宇宙人が攻めてきたらどうしよう?

ゆき まあ、そうしたら圭介を送り込んで撃退しようかしら。

圭介 えっ? 僕ってそんなに強いかなー、やっぱり。へへ

ゆき 何言ってんのよ、あなたが飼ってるバイ菌で撃退
    するにきまってるじゃない

圭介 (ガックリ)


ゆきのオススメ度:★★★☆☆
 1953年の宇宙戦争は懐かしさも手伝って、どこか
  暖かいイメージなんだけど、今回のはスリル、ホラー性
  が強く出てるわ。

圭介のオススメ度:★★★★☆
  今回のはちょっと怖かったけど、迫力があって
  それなりに楽しめた。

今回の宇宙戦争
ストーリー:★★★☆☆
スリル:  ★★★★☆
ホラー:  ★★★★☆
あと味:  ★★★★☆

ストーリー:
レイは別れた妻が実家に行く数日間、息子と娘を預かることになった。親子関係はギクシャクし、半分義務的に面倒をみていた。レイは自分の車を勝手に持ち出した息子を探しに外へ出てみると、異常な雲が現れ、近所に数回続けて雷が落ちる。不思議に思ったレイと近所の人々が異常な雷が落ちた現場を見に行くと、突然地中から大きなウォーカーマシンが現れ、怪光線で町を破壊し人々を灰にし始める。未知の宇宙人の侵略が始まったのだ。レイは子供達を連れて必死に逃げるが・・・。
H.G.ウェルズ原作。

監督:スティーブン・スピルバーグ
出演:トム・クルーズ(レイ), ダコタ・ファニング





DVDの紹介(アマゾンコム)
DVD(2005)DVD(1953)




テーマ:DVDで見た映画 - ジャンル:映画



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。