プロフィール

yuki-keisuke

Author:yuki-keisuke

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

publicity

ゆき と 圭介 の映画大好き!
ゆきと圭介がお送りする、笑いと涙の映画紹介。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コンスタンティン

映画のタイトル: コンスタンティン
ジャンル: オカルト、アクション

ゆき この映画は悪魔を払う話ね。
    悪魔や天使、地獄と天国が出てきて、
    キリスト教的な世界観と、人間はどのように
    生きるべきか?
    という事を問いかけてる映画というべきかしら。

圭介 なんか難しいなぁ。
    単に「世界を地獄に変えようとする悪魔と戦う
    ヒーローもの」でいいんじゃない?
    でも、ちょっと怖かったょ。

ゆき もしかして、死んだら地獄に行くのが怖いんでしょ。

圭介 ぼっ、僕は天国に行くに決まってるよ。

ゆき そうかしら。天国に行けるのは私みたいに
    愛と誠と勇気をもって生きてる人がいくのよ。

圭介 うそっ!?

ゆき ホントよ!

圭介 そうじゃなくって、ゆきちゃんが愛と誠に
    生きてるってのが信じられない。

ゆき バキッ

圭介 イタタタ・・・(やっぱり)・・・。

ゆき えっ?何か言った?

圭介 なっ、何も・・えっと、ところで映画の中に
    出てきた「運命の槍(ヤリ)」って何?

ゆき 知らないの?
    「ロンギヌスの槍」、つまりキリストがはりつけ
    になった時に彼を刺した槍で、それを持つものは
    世界を制するって言われてるの。

圭介 ふーん

ゆき で、それをヒトラーが手に入れて、第二次世界大戦
    を起こしたらしいんだけど、その後部下のヒムラーが
    南米に隠したという話があるのね。

圭介 あっ、だから映画の中でメキシコで掘り出されたんだ。 

ゆき あの槍は偶然に掘り出された訳じゃ無さそうね。
   
圭介 と言うと?

ゆき だから、エゼキエル天使が一枚かんでるんじゃない?
    でもエゼキエル天使がちょっとオバカさんに描かれて
    いて、かわいそうだったわ。
    同じ天使として同情しちゃう。

圭介 だれが天使だって?

ゆき 一緒にいてわからない?

圭介 えっ、どこどこ?

ゆき バキッ


・圭介のオススメ度 ★★★☆☆
  ちょっと怖い。でもストーリーは楽しめた。

・ゆきのオススメ度 ★★★★☆
  キアヌ・リーブスのファンにはオススメね。

ストーリー ★★★★☆
オカルト  ★★★★★
ロマンス  ★☆☆☆☆
アクション ★★★☆☆
あと味   ★★★★☆

ストーリー:
メキシコで「運命の槍」が掘り出され、槍を手にしたメキシコ人は不思議な力を得て、導かれるようにアメリカを目指した。
そのころアメリカではコンスタンティンが少女に乗り移った悪魔を地獄に送り返そうとしていたが、今回はいつもと様子が違った。悪魔と神はそれぞれ地獄と天国に住み分けをし、普通はこの世には出てこないのだが、今回は地獄の悪魔が少女を通してこの世に出ようとした。
一方、刑事のアンジェラは妹の自殺を不審に思っていた所に、コンスタンティンと出会う。二人は妹の死の謎を解明すべく調査を開始するが、協力していたコンスタンティンの仲間が次々に死んでいくのだった。悪魔の計画とは?運命の槍はどうなるのか?

監督:フランシス・ローレンス
出演:キアヌ・リーブス(コンスタンティン),
    レイチェル・ワイズ(刑事のアンジェラ)





DVDの紹介(アマゾンコム)
DVD特別版DVDビデオ




スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://yukixkeisuke.blog21.fc2.com/tb.php/6-ac888401
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コンスタンティン

『コンスタンティン』です。キアヌは個人的にマトリックスの頃から結構好きでした。マトリックスの衣装(黒)イメージが強くて、今回のコンスタンティンも黒で決めていたので、ちょっとダブった感じはしたけどやっぱり黒の衣装はいいですね~ストーリーはちょっと甘い感じが ???Ĥ??【2005/09/18 12:04】

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。